« 2011年9月25日 - 2011年10月1日 | トップページ | 2011年10月23日 - 2011年10月29日 »

2011年10月16日 - 2011年10月22日

2011年10月22日 (土)

秋といえば、クリ!

実家から、今年もクリが送られてきました。
谷で、拾うんだそうです。

新鮮なものを「焼き栗」にして食べるのが毎年の楽しみ。
と書きつつ、写真は「栗ごはん」です。

Kuri_gohan

甘くてホックホク!
来年も、美味しいクリが食べられますように。

ところで、日本のクリって、中国産のものより大きいですよね。
天津甘栗は一口サイズだけど、「栗の渋皮煮」って一口じゃ食べられません。

日本のクリって、いつ頃から大きくなったんでしょう。
そもそも小粒な時期なんてあったのか?!

ちょろっと調べてみましたflair

青森県・三内丸山遺跡は、
縄文時代(約5500年前~4000年前)の遺跡です。
この遺跡から、遺伝子配列のよく揃ったクリの実が出土しています。

野生のクリは、DNAが不揃いなので、
三内丸山遺跡のようにDNAが揃っているものは「栽培されていた」と解釈できるそうです。

クリの実が大型化したのは、栽培の結果とのこと。
大きな実や、甘みの強い実を選んで、集落の片隅に植えたのでしょうか。
想像がふくらみますshine

現在のクリの実は、大きさが3㎝ほどありますが、
静岡県・坂田北遺跡(縄文時代)からも約3㎝の実が発見されています。

実家から送られてきたクリを眺めながら、
「縄文時代も、似たようなもの食べてたんかなぁ」と
遠い先祖にひとり想いを馳せるのでした。

« 2011年9月25日 - 2011年10月1日 | トップページ | 2011年10月23日 - 2011年10月29日 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

photo-since2011

  • Kouyou_20119
    ブログ内で紹介した写真はこちら。
無料ブログはココログ