« 胎衣壷(えなつぼ) | トップページ | 向かうところ、遺跡あり。…その壱… »

2012年3月24日 (土)

全3回の連載、終了しました♪

春めいてきたからか、それとも基礎体温高めの妊婦だからか、
それほど寒くはない今日この頃。

Kinomi_2

公園の木々にも春の訪れ。


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
■となりの考古学 〜福岡にまつわる遺物たち〜(全3回)■
 ◎第3回◎ 後産(あとざん)の今と昔 
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

こんにちは。
妊娠も9ヶ月目に入り、テレビで出産シーンを目にする度に
身の引きしまる思いがしています。

よく知られていることですが、
出産は「赤ちゃんの誕生でおしまい」ではありません。
喜びもつかの間、続いてやってくる後産。
これを終えて、ようやく産んだ側は気が休まるものです。

10ヶ月の間、赤ちゃんの命を育み、ついに役目を終えた胎盤。
その後の行方、気になりませんか。

現在は、胎盤を専門にあつかう業者が、産院まで引き取りにきて、
法律にのっとり焼却するのが一般的だそうです。

:・。・:・。・:・。:・。・:・。

さて、1930年代。
家でのお産が当たり前だった時代、
胎盤は今とは違い、大切に扱われていました。

当時は、家の中に埋めていたんです。
その場所は、人が出入りする入口や、産屋の役目をかねた寝室の床下。
入口に埋めるのは「よく踏み固まるので、子の寿命が長くなる」との理由から。

この胎盤を埋める風習、
一体いつごろから行われていたんでしょうか。

中国にある、紀元前の遺跡・馬王堆漢墓(まおうたいかんぼ)。
この墓で、出産について書かれた医書『胎産書』が発見されています。
『胎産書』からは、胎盤=胎衣(えな)を、ていねいに水や酒で洗い、
甕(かめ)に入れて密封していたことがわかります。

:・。・:・。・:・。:・。・:・。

所変わって日本。
「なんと(710年)大きな」といえば、奈良の都・平城京。
この都の西側から、胎衣壷(えなつぼ)と呼ばれる、
古代人の胎盤を納めた器が見つかっています。

胎衣壷が埋まっていたのは、建物のすぐそば。
須恵器(すえき)という青灰色をした壷(つぼ)に、
当時のお金・和同開珎(わどうかいちん)、墨、筆を入れて埋めていました。
いっしょに入っていたであろう、胎盤は腐敗して、
壷の中に残ってはいませんでした。
http://bit.ly/x6ThEb

:・。・:・。・:・。:・。・:・。

ところで古代、文字を書く機会が多かったのは男性のほう。
国に関わる仕事をする役人、学識ある人たちは職業柄、
日常的に墨や筆を使ったことでしょう。

「わが子が、母のおなかを出たあとも無事に成長しますように」
「生き永らえて、将来、出世しますように」
そんな思いをこめて、親たちは胎衣壷に、
当時の筆記用具である墨や筆を入れたようです。

民俗学の話になりますが、
男の子の胎衣壷には「墨・筆・お金」を入れたそうです。
そのため、この胎衣壷にまつわる、
赤ちゃんの性別は男の子だったと考えることができます。

胎衣壷と思しき、古代の土器は、
小郡市・上岩田(かみいわた)遺跡の、集落跡からも発見されています。

こちらは、700年代後半のもの。

土師器(はじき)とよばれる、赤茶色をした甕(かめ)に、
墨で「丙乙麻呂」書いた蓋を乗せた状態で見つかりました。
ちなみに「麻呂」は、古代の男性によくある名前。
「丙」や「乙」は、暦(こよみ)に関係のある漢字です。
http://bit.ly/x6ThEb

産まれた年や、性別を書いたのかしら。
想像がふくらみます。

考古学の見方から離れたとき、
ふいに、ものを言うはずもない遺物がもの語ることがあります。
考古学の醍醐味は、まさにそこかもしれません。


« 胎衣壷(えなつぼ) | トップページ | 向かうところ、遺跡あり。…その壱… »

考古学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1553877/44611596

この記事へのトラックバック一覧です: 全3回の連載、終了しました♪:

« 胎衣壷(えなつぼ) | トップページ | 向かうところ、遺跡あり。…その壱… »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

photo-since2011

  • Kouyou_20119
    ブログ内で紹介した写真はこちら。
無料ブログはココログ