« 全3回の連載、終了しました♪ | トップページ | 語り継ぎたい、小さな遺品 »

2012年7月21日 (土)

向かうところ、遺跡あり。…その壱…

産後1ヶ月で更新すると、知人に宣言しておきながら
出産後、長らく放置していたブログ……。
とにもかくにも、ようやく再開です!

Blob_birth_2
今春、3200gで「おんぎゃぁ」と誕生!


さて、タイトル通り、
わたしが出産した「九州バースセンター うばがふところ」は、
縄文人の骨が出たことで有名な、山鹿(やまが)貝塚の近くにあります。

この貝塚、実は、母子に縁の深い遺跡なんです。

臨月間近の、大きなおなかで、
母と子にまつわる考古遺物を記事にしていた人間としては
並々ならぬ縁を感じてしまいます。


ところで、「バースセンター」って
あまり聞き慣れない響きではありませんか?

産婦人科でも助産院でもない、この施設。

総合病院の産婦人科医師と、
バースセンターの助産師とが、
カルテを共有している施設なんです。

たとえば出産時、
赤ちゃんや産婦さんに、
緊急で大きな病院に診てもらう必要が起きたとします。
すると、救急車ですぐさま、
最寄りの総合病院へ搬送してもらえるんです。
時間にして10〜15分という近さ。
まさに「備えあれば、憂いなし」です♪


出産を終え、このお産施設で過ごした数日間。
スタッフの方々が、多方面にわたる話をしてくださいました。

中でも、印象深かったのは、
「救える命は救わなければ」という言葉。
命をあずかる人間の熱い責任感と、
この施設の設立理由をかいま見ることができました。

詳しくはこちら!
http://www.kyusyu-bc.com/concept.html


今回、和室風の分娩室にて、
夫と息子に見守られながら挑んだ出産。

分娩台に上がらず、点滴も付けず、
自分が楽な姿勢で、いきみたい時にいきむシンプル出産でした。

その経験から、あらためて
「お産は病気ではない」と気づかされました。
動物が子を産むのと、何ら変わりない「自然」なことなんだと……。

だがしかし、です。
現代人ゆえ、ひと昔前とは生活習慣がまるで違います。
安全なお産をするために「必要な薬は使う」という、
バースセンターの姿勢にはとても共感がもてました。

お産は、母子ともに命がけ。
誰だって安全に命を産み落としたいですもんね。

!! 次回予告 !! 

8月中にアップ予定。
『向かうところ、遺跡あり。…その弍…』

貝塚って、ゴミ捨て場のイメージですよね。
山鹿貝塚と母子。どんな繋がりがあるんでしょう⁇

« 全3回の連載、終了しました♪ | トップページ | 語り継ぎたい、小さな遺品 »

育児」カテゴリの記事

コメント

九州バースセンター様

コメントありがとうございますshine
お産の際は、大変お世話になりました。
お産施設ならではの話を聞くことができ、とても勉強になりました。感謝しています。
山鹿貝塚の記事、8月下旬にはアップするつもりです!また是非、のぞいてみてくださいhappy01

バースセンターの紹介をしていただいて、ありがとうございます!

お産って自然な事だけど、危険も伴っているってことを肝に銘じることが大切ですものね

次回の山鹿貝塚の記事楽しみにしています♪(特にSさんが!)

また遊びにいらしてくださいね☆お待ちしております(*゚▽゚)ノ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1553877/46356209

この記事へのトラックバック一覧です: 向かうところ、遺跡あり。…その壱…:

« 全3回の連載、終了しました♪ | トップページ | 語り継ぎたい、小さな遺品 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

photo-since2011

  • Kouyou_20119
    ブログ内で紹介した写真はこちら。
無料ブログはココログ