« 向かうところ、遺跡あり。…その壱… | トップページ

2012年9月26日 (水)

語り継ぎたい、小さな遺品

他界した祖母の遺品を、整理していたときのこと。
衣類の間から、黄ばんだ木綿の巾着袋が出てきました。

振ってみると、ちゃりちゃり。金属らしきものが中で触れ合う音。
巾着袋の中には、昭和の小銭が入っていました。

お金に刻まれた、小さな文字を読むと、
「大滿洲國(だいまんしゅうこく)」と書かれたものや、
昭和初期の、一銭に五銭……
1円よりも小さな単位がじゃらじゃら。

お金の単位が、漢字表記で統一されているところに「時代」を感じます。


思わず首をかしげたのは、
大きさ1.5cmほどの、見た目にもチープなネズミ色の小銭。

他と比べて小さいうえに軽く、
質の悪い材料から作ったんでしょう、
文字がすり減り消えかかっていました。

光をいろんな角度から当てて、浮かび上がった文字を読むと、
「大日本 昭和一九年」とありました。

終戦の1年前の年号です。

Ss19coinomote

Ss19coinura


見比べて面白かったのが、昭和14年の一銭。

Ss14coinomote

Ss14coinura

模様も文字も、しっかり残っています。

ちなみに昭和19年の一銭は、14年のものに比べて
全体的に1ミリほど小さいです。


ところで、お金は国家が流通させるもの。
2枚の一銭を見比べると、5年間で国内事情が大きく変わった印象を受けます。

昭和44年に、暮らしの手帖社が出した『戦争中の暮らしの記録』。

この本によると、日本は南方の軍事拠点を失い、
昭和19年晩秋には、アメリカの艦載機B29が東京上空を飛ぶようになったとあります。

この年、都市部では、
身の安全を求めて疎開(そかい)する人々が増え、
昭和20年3月には東京大空襲が起こっています。

敗戦の気配がただよう中、昭和19年の一銭は造られたようです。


「戦争の経過や、それを指導した人たちや、
大きな戦闘については、
ずいぶん昔のことでも、くわしく正確な記録が残されている。
しかし、その戦争のあいだ、
ただ黙々と歯をくいしばって生きてきた人たちが、
なにに苦しみ、なにを食べ、なにを着、
どんなふうに暮らしてきたか、
それについての、具体的なことは、
どの時代の、どこの戦争でもほとんど、残されていない。」

「この日の後に生まれてくる人に」『戦争中の暮らしの記録』より抜粋。


当時の貧しさを雄弁に語る、昭和19年の一銭。

資源に乏しい国が、
アメリカという大国相手に戦争を続け、国も民も
もの不足にあえいでいた当時をもの語る貴重な考古資料です。

戦時中の暮らしがどういうものだったのか、
昭和初期の一銭を並べ置いて、わが子や孫に語りついでいくつもりです。

« 向かうところ、遺跡あり。…その壱… | トップページ

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1553877/47064302

この記事へのトラックバック一覧です: 語り継ぎたい、小さな遺品:

« 向かうところ、遺跡あり。…その壱… | トップページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

photo-since2011

  • Kouyou_20119
    ブログ内で紹介した写真はこちら。
無料ブログはココログ